LED蛍光灯にチェンジ~インテリアは安カワイイで統一~

business meeting

生活に欠かせない物

LED蛍光灯は省エネルギー照明です

現代の人類の生活に欠かせない文明の利器は色々とあります。蛍光灯もそうした機器の一つに挙げられますが、今後最も期待されている蛍光灯がLED蛍光灯です。LEDの原理は20世紀初頭に発見されていましたが、LED蛍光灯の開発には光の三原色が揃う必要があったりましたが、青色光の発見は20世紀末を待たなければなりませんでした。この発見に日本人が関わっていることは2014年のノーベル物理学賞で世間的にも知られるようになりました。LED蛍光灯を利用する最大の魅力は従来式の照明よりも格段に消費電力が低いことです。消費電力が低いことは電気料金が少なくて済むことを意味します。電器の使用は現代の生活では不可欠ですから、節電を考えるならばまずLED蛍光灯の使用が第一歩と言えます。

従来型の代替品として普及するように改良が進められています

現代の市街地や住宅地は勿論、照明器具は多くの場所で利用されています。しかし、照明は使用すれば電気を消費していますから、全ての照明器具の総消費電力は莫大な量になることは明らかです。近年の環境問題への取り組みとして省エネルギー化が望まれている社会情勢において、一般家庭にもLED蛍光灯の普及が望まれています。現在、LED蛍光灯は従来型の蛍光灯よりも割高であることが課題とされています。しかし、LED蛍光灯の開発は始まったばかりですから今後の開発技術の革新や製造コスト削減等による価格低下の余地は非常に大きく、製造業社は一層安価で高効率のLED蛍光灯を従来の蛍光灯の代替として普及を進めると共に、新たな使用方法の開拓を模索しています。